ブラウザからJavaアプリケーションを使うシーンで、セキュリティ警告がでて辛かったのを無理やりなんとかした話。

header

証明書がオレオレだったりすると アプレットの実行前に Javaのコントロールパネルから セキュリティ例外に実行時のアドレスを追加する必要があるのですが、 正規表現も使えないのに、1行ずつ行を追加してアドレスを設定していくという使いにくさたるや。。。

(多分軽々しく、例外設定しまくるなということだと思うのですが、仕方ないシーンというのはどうしても出てくるもの。)

screenshot

なんとか設定をテキストでいじれないかなーなんて思っていたら、 意外や意外下記に実体になる設定ファイルがありました。

  • Windows: %appdata%\..\LocalLow\Sun\Java\Deployment\security\exception.sites
  • Mac OS X: ~/Library/Application Support/Oracle/Java/Deployment/security/exception.sites
  • Linux: ~/.java/deployment/security/exception.sites

ここに設定画面と同じく、例外設定したいアドレスを行ごとに指定すればOK。 好きなエディタを使えるので、設定追加も削除も苦にならなくなりました ✌


関連リンク